「ブーチャで起こったことについての真実は、近いうちに明らかになる」=露国連大使(スプートニク日本2022年4月5日)

「ブーチャで起こったことについての真実は、近いうちに明らかになる」=露国連大使(スプートニク日本2022年4月5日)

「ブーチャで起こったことについての真実は、近いうちに明らかになる」=露国連大使
https://jp.sputniknews.com/20220405/10540719.html


2022年4月5日のスプートニク日本より転載

ロシアのネベンジャ国連大使は記者会見で、「(ウクライナの)ブーチャで起こったことは、まさにウクライナ政権とその西側のスポンサーによって実行された偽旗作戦だ」と述べた。
ネベンジャ氏は「ブーチャで起こったことについての真実は、非常に近いうちに明らかになると考えている」と述べ、この扇動の目的は恫喝の可能性があると述べた。
ネベンジャ氏によると、ブーチャを視察したウクライナのゼレンスキー大統領は、この出来事があらゆる非文明的な行為を正当化することを示唆したという。

「これにより、彼はウクライナ政権がジェノサイドを戦争遂行の方法として見做していることを事実上、確認した。今や民族主義者には罪のないウクライナ人を虐殺し、彼らを裏切り者として処刑する口実がある。我われは世界がこれに気を払うことを望んでいる。この恐ろしい浄化が現実にならないよう、国連安全保障理事会に呼びかける」

ネベンジャ氏は、ブーチャで起こった出来事の調査に同氏がどのように関係しているのかについて質問を受け「問題は、所謂『独立した』調査を誰が行うのかということだ」と述べ、「政治的な理由や偏見などのために、まったく独立していない『独立した』調査を我われはたくさん見てきた」と指摘した。

ウクライナをめぐる情勢悪化

ロシアはウクライナで核兵器を使用しない=露国連次席大使

12:23

ロシア国防省は3日、ウクライナ・キエフ州ブーチャにおける民間人殺害について、ウクライナ側による非難を否定した。ロシア国防省では、ロシア軍は3月30日に完全にブーチャから撤退しており、「犯罪を証明するもの」は、ウクライナ安全保障当局職員が同市に到着してから4日後になってようやく表に出たとしている。ロシア国防省はまた、3月31日のブーチャ市のフェドルク市長がビデオメッセージの中で市内にロシア兵はいないと発言したこと、さらに市街における一般市民に対する銃撃について何の言及もなかったことを強調している。


ワシリー・ネベンジャ露国連大使.PNG
ワシリー・ネベンジャ露国連大使



ロシアのネベンジャ国連大使は記者会見で、「(ウクライナの)ブーチャで起こったことは、まさにウクライナ政権とその西側のスポンサーによって実行された偽旗作戦だ」と述べた。
ネベンジャ氏は「ブーチャで起こったことについての真実は、非常に近いうちに明らかになると考えている」と述べ、この扇動の目的は恫喝の可能性があると述べた。
ネベンジャ氏によると、ブーチャを視察したウクライナのゼレンスキー大統領は、この出来事があらゆる非文明的な行為を正当化することを示唆したという。




関連

マリウポリ 中心街の劇場をウクライナ民族主義者らが地雷で爆破(スプートニク日本2022年3月17日)
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/486052410.html

ウクライナ軍による白リン弾、クラスター爆弾の使用を確認=露国連大使(スプートニク日本2022年3月15日)
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/486041708.html

[駐日ロシア連邦大使館Facebook] 3月16日、ラブロフ外相「戦争を終わらせる、これこそが我々の取り組んでいることである。」
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/486037360.html

ロシア軍ではなくウクライナ軍が砲撃をしている。フランス人ジャーナリスト アンヌ=ロール・ボネルのスク-プ
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/485968127.html

プーチン大統領 中東からドンバスに1万6000人の義勇兵派遣を承認(スプートニク日本2022年3月11日)
https://hazukinoblog02.seesaa.net/article/485966370.html


この記事へのコメント