れいわ 水道橋博士参議院議員 “深刻なうつ状態”当面休職へ(NHKニュース2022年11月1日)

れいわ 水道橋博士参議院議員 “深刻なうつ状態”当面休職へ(NHKニュース2022年11月1日)

れいわ 水道橋博士参議院議員 “深刻なうつ状態”当面休職へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221101/k10013877731000.html


2022年11月1日のNHKニュースより転載

れいわ新選組は、水道橋博士参議院議員が体調不良のため当面休職すると発表しました。

ことし7月の参議院選挙で初当選した、れいわ新選組の水道橋博士参議院議員は、1日の参議院内閣委員会で質問する予定でしたが、欠席しました。

山本代表は、記者会見で「先月21日、本人から深刻なうつ状態という旨の連絡を受けた。その後、ドクターストップが出て、年内の仕事は難しいという診断だ。『議員辞職したい』と私に伝えてきたが、医師から『今の状況で判断するのはよくない』と助言を受けて、休職する運びになった。これから先のことは病状次第だ」と説明しました。

水道橋博士氏の事務所は、今後、参議院に対し、速やかに必要な手続きを進めるとしています。


水道橋博士.PNG
れいわ新選組の水道橋博士



れいわ新選組は、水道橋博士参議院議員が体調不良のため当面休職すると発表した。
今年7月の参議院選挙で初当選した、れいわ新選組の水道橋博士参議院議員は、1日の参議院内閣委員会で質問する予定だったが、欠席した。
山本太郎代表に「議員辞職したい」と伝えて来たが、医師から「今の状況で判断するのはよくない」と助言を受けて、休職する運びになった。
深刻なうつ状態ならば、とても辛いと思います。
今は休んでください。

この記事へのコメント